頬から口元にかけてあらわれるほうれい線は、実際の年齢よりも老けた印象を与えてしまうので注意が必要です。だからといってファンデーションで隠そうとするとメイクが濃くなったり、化粧崩れが激しくなる可能性があるので気を付けましょう。気になるほうれい線はスキンケアアイテムでケアするのが効果的ですが、購入時に配合されている美容成分をチェックすることで効果を高めることができます。

セラミドで肌の乾燥を素早くケア

肌の内部には数多くの保湿成分がありますが、セラミドは肌の表面に近い表皮と呼べれる部分にあるのが特徴です。そのため化粧水や美容液などで補充することで、素早く浸透させることが期待できます。セラミドの量が豊富な肌はバリア機能も正常で、肌の赤みやシミを防ぐのにも効果的です。セラミドの量は20歳を過ぎた頃から少なくなるので、肌の乾燥が目立たない若いうちから補っていくようにしましょう。

ヒアルロン酸でモチモチ素肌に

ヒアルロン酸はセラミド同様に肌の保湿成分の1つです。表皮よりも肌の奥深くでる真皮にあり、水分を抱え込む働きに優れています。たった1gで6リットルもの水分を保持することができるので、スキンケアアイテムで補うことでモチモチの素肌に整えることが期待できます。ヒアルロン酸の大きな特徴の1つに、40歳ごろから急激に生成量が少なくなることがあげられます。アラフォーごろから肌の乾燥は激しくなってきたという人は、ヒアルロン酸を意識して補うことでほうれい線もケアすることができます。

プラセンタエキスで肌の新陳代謝をアップ

肌の新陳代謝が低下すると、弾力のないゴワゴワとした肌質になってしまいます。この状態は水分量も少なく、ほうれい線もできやすくなるので注意が必要です。プラセンタエキスは肌の新陳代謝をアップさせる働きがあり、ほうれい線ケアはもちろん、肌の透明感やシミケアにも効果的です。プラセンタエキスには豚プラセンタや植物性プラセンタなどの種類がありますが、中でも馬プラセンタは美容に良い成分がたっぷりと配合されているので、ほうれい線ケアに有効です。

美容成分を組み合わせて使ってみよう

肌の水分量を高めたり、新陳代謝を活発にすることでほうれい線を目立たなくさせることができます。そのためには1つの美容成分にこだわるのではなく、組み合わせて使用するのがポイントになってきます。スキンケアアイテムをライン使いするのも1つの方法です。

関連記事です

  • 目の周りの乾燥肌の予防と改善方法目の周りの乾燥肌の予防と改善方法 冬は乾燥肌に悩まされやすい季節です。中でも目元は他の場所に比べて皮膚が薄く、肌荒れを起こしやすい場所です。 顔の中でも目元は目立ちやすい場所なので、日頃からこまめな保湿ケアが必 […]
  • 大人ニキビは基本のスキンケアを大切に大人ニキビは基本のスキンケアを大切に 繰り返す大人ニキビに悩んでいる人もたくさんいます。ニキビケア化粧品を使ったりサプリを飲んだり、色んな改善法があります。やはり、ニキビケアの基本は正しいスキンケアですから、今一度自 […]
  • 永久脱毛が可能な脱毛方法について永久脱毛が可能な脱毛方法について 脱毛はクリニックや脱毛エステ、自宅でのセルフ脱毛など様々な脱毛方法があります。 この内、日本で「永久脱毛」が可能なのは医師が脱毛処理をするクリニックによる脱毛か、クリニックエス […]